専門外来で処方されるピルの避妊成功率は?

ピルを使用する女性の主な目的に「避妊」が挙げられます。日本では、避妊と言うと、男性のコンドーム着用が一般的ですが、欧米を中心とする海外では、女性のピル使用率が非常に高いことで知られています。その理由は様々ですが、ピルの避妊成功率が高く、また、男性に対して受身にならずに、自分の身は自分で守るという習慣や思想が根付いているからだと考えられます。欧米諸国では、学校やコミュニティを通して、正しい避妊方法を伝える教育が一般的で、性行為や避妊が恥ずかしいこと、或いは、人に相談しにくいこと、という認識が日本に比べて低いようです。コンドームは、避妊を防ぐとともに、性感染症を予防する為に非常に有効な手段の一つです。アクシデントが無い場合の成功率は100%と言えるかもしれません。しかし、性行為におけるアクシデントの発生率は一体どれくらいでしょうか。コンドームが破れる、ずれる、漏れる、不良品など、様々なことが考えられます。一方、女性が外来で処方されたピルを服用した場合、その避妊成功率は100%に近いものになります。もちろん、まれに失敗する人もおりますが、コンドームに比べて、避妊成功率は格段に高いといえるでしょう。注意すべきことは、専門外来で処方されたピルと、個人輸入、もしくはインターネットで取引したピルは、効果が異なる場合があるということです。専門外来ではもちろん医師の指導のもとで処方していますので、万が一のことが起きても相談できますが、インターネットで購入した場合、その製品が正規のものであるか、使用期限は過ぎていないか、服用方法ははっきりしているか、などを必ず調べる必要があります。個人の判断で購入し、飲み方を間違えてしまうと、避妊成功率は激減することを覚えておきましょう。